会長あいさつ
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 振り返りますと、昨年は7月に九州地方で記録的な大雨が降り、鹿児島県、熊本県などで甚大な被害が発生し、多くの人が避難を余儀なくされました。

 例年と違うのは、コロナウイルス感染症の拡大のさ中における災害と避難行動だったということです。感染症拡大を防止するためには、避難所の収容人数を制限しなければなりません。このため避難所に行っても入れないという状況も発生しました。体調の悪い人がくるケースも考えられますし、自治体の担当の人たちは細心の注意を払い、本当に大変だったと思います。

 当協会では、自然災害とコロナ禍という、複合的な災害における避難に対応できる、避難所用のパーティション「「KAMIKABE(かみかべ)」を作成しました。「(一社)避難所・避難生活学会」の基準に基づいた設計により、プライバシーと感染症対策を両立させたパーティションで、県内の市町村などで組み立て訓練も行いました。

 近年の災害を引き起こしている降雨は、これまでの経験的な想定を上回っていることから、治水計画を抜本的に見直す必要があると言われています。そして、新たな計画に基づく「防災・減災、国土強靭化」の施策を継続して推進することが非常に重要なことだと考えています。それと同時に私たち地域建設業は、緊急時に出動して応急対策にあたることのできる、「災害対応組織力」を維持しておかなくてはなりません。  

 また今後の生活様式も、コロナ後の新しい生活様式、いわゆる「ニューノーマル」への転換が必要になります。そんな中においても、各企業が経営の安定を図り、限界工事量を確保できるよう、協会活動を進めてまいります。

 結びに、本年が皆様にとって良き年となりますことを祈念いたしまして、年頭のご挨拶といたします。

 令和3年 新春
         一般社団法人群馬県建設業協会 会 長